日日徒然

株式会社ノスデザインについて

1.自己紹介

初めまして。
株式会社ノスデザイン 代表取締役 福士拓海と申します。
まずは簡単に自己紹介を。

1986年8月生まれ、北海道札幌市出身です。
地方国立大を卒業後、鹿島建設グループの外構部門である鹿島道路(株)に入社しました。
転勤の多い仕事で、東京→千葉→埼玉→群馬→三重→栃木と12年間経験を積み、2023年3月に退社しました。

NEXCO発注で全長12kmの高速道路を新設したり、国交省発注でいくつもの国道を造り表彰も頂いたりしましたが、楽しいなぁと思うのは意匠性とコストが重要視される外構工事でした。

2.外構工事に対する想い

大手含め大多数の建築会社さんは〝外構は外構業者さんへ外注する〟のが当たり前なのですが、『建築外構は効率が悪く、また完成時のイメージが湧かない』んです。

何故かというと、〝新居〟というワードの9割くらいは建物のことを指すのであって、〝外構は建物に合わせてあとから造るもの〟という要素が多く、外構に関する明確な図面や数量、パースが無いまま施工していくからです。
信頼する建築士さんにも聞いたのですが、やはり昔から『建物と外構は別』というのが建築業界の常とのことでした。

私の経験上、建物と外構を並行して設計・積算し効率的に施工することがトータルコストの削減に繋がりますし、何よりお客様のイメージに近づくと確信していますので、そんなもの作りができればいいなぁと考えています。

見積もりはもちろん、何気ない相談も気兼ねなく聞いてくださいね(^^)

『BLOG TOPに戻る』

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP